TOP > ディスクロージャー > 法令等遵守と統合的リスク管理態勢
法令等遵守と統合的リスク管理態勢
法令等遵守態勢

法令等遵守(コンプライアンス)の重要性については、経営トップより、各種会議、当組合の機関誌等を通して継続的に周知徹底を図っております。コンプライアンス委員会は年度毎に法令等遵守の推進計画を立案し、経過及び結果は常勤理事会・理事会に報告し、チェックを受けております。また、本部・営業店のコンプライアンス担当者を推進委員としてコンプライアンス勉強会を毎月実施し、日常の職場教育とあわせ、法令等遵守の重要性を認識させております。




統合的リスク管理態勢
 金融の自由化・国際化等の進展により、金融機関業務はますます多様化、複雑化しており、それに伴い信用リスク、市場リスク、流動性リスクやオペレーショナル・リスクを中心に直面するあらゆるリスクを総体的に捉え、金融機関に健全な経営基盤の確保を求めており、各種リスクを従来以上に的確に把握・分析し厳正に管理して健全性を確保することは信用組合経営上、不可欠なものとなっています。当組合では、このような観点から経営の重要性に鑑み、様々なリスク管理をおこなうために、ALM委員会を主管部署として「統合的リスク管理方針」「統合的リスク管理規程」を制定し、態勢の整備を図っています。
信用リスク 信用供与先の財務状況の悪化等により、資産の価値が減少ないし消失し、当組合が損失を被るリスクをいいます。当組合では、融資にあたって貸出資産の健全化・良質化を維持するため、融資の決定は規程に基づいた審査態勢により違反や独断決定を防止し、業種に偏らず小口融資に徹することで資産管理の強化を図っています。
市場リスク 金利、為替、株式等の様々な市場のリスク・ファクターの変動により、資産・負債の価値が変動し当組合が損失を被るリスク、資産・負債から生み出される収益が変動し当組合が損失を被るリスクをいいます。当組合では、ALM委員会を定期的に開催し、金利リスク、為替リスク、株式リスク等についてリスクの計算及び分析を行うと共に、統合的リスク管理を配賦されたリスク資本の範囲内に、リスクをコントロールする等の安定的な収益確保とリスクの管理を図っています。
流動性リスク 運用と調達の期間のミスマッチや予期せぬ資金の流出により、必要な資金確保が困難になる、または通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより、当組合が損失を被るリスクおよび市場の混乱等により市場において取引が出来なかったり、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされることにより当組合が損失を被るリスクをいいます。当組合では、調達資金と運用のバランスを保ち、効率的な資金運用を図っています。











当組合の業務の過程、役職員の活動もしくはシステムが不適切であること、または外生的な事象により当組合が損失を被るリスク等で下記に列挙したリスクをいいます。当組合では、様々なリスク管理に対応するように、管理態勢及びチェック態勢等を明確にし、適切に管理する態勢の整備を図っております。
事務リスク 正確な事務を怠る、あるいは事故・不正などを起こすことにより当組合が損失を被るリスクをいいます。
システムリスク コンピュータシステムのダウンまたは誤作動等、システムの不備等に伴い損失を被るリスク、さらにコンピュータが不正に使用されることにより当組合が損失を被るリスクをいいます。
法務リスク 顧客に対する過失による義務違反および不適切なビジネス・マーケット慣行により当組合が損失・損害を被るリスクをいいます。
人的リスク 役職員の人事運営上の不公平・不公正(報酬・手当・解雇等の問題)・差別的行為(セクシュアルハラスメント等)により当組合が損失を被るリスクをいいます。
有形資産リスク 災害その他の事象により、当組合の保有する有形資産が毀損・損害を被るリスクをいいます。
風評リスク 当組合が評判の悪化や風説の流布等により、信用が低下することから生じる損失・損害を被るリスクをいいま
す。



  •  通帳・印鑑・キャッシュカードをなくされた時の手続き
  •  睡眠預金等活用法に関するお知らせ
  • マイナンバーご提供のお願い
  •  マネー・ローンダリング及びテロ資金供与への対策
  • しんくみローンサーチ
  • 東京都行政書士会
  • 全国銀行協会
  • エコアクション
  • 全国信用組合中央協会CM